ポールダンスをアートとスポーツとしてアピールできた仮装大賞

   2017/02/13





全国放送でポールダンスを広めよう

1月21日放送された日本テレビの欽ちゃんの仮装大賞
私はポールダンスチームで出演していたのですが
出演して思ったのが
「ポールダンスって本当に一般には浸透してないんだ!」

ってちょっとがっかり感じた点と同時に
これはポールダンスを広めるチャンスだ

とアピールの場としてとても良いチャレンジになるとも同時に思えました。

ポールの概念を破る作品を2つ

予選の段階から

「実はポールダンスのチームがもう一つある」と聞かされていて
それが一番よく一緒に練習しているダブルスチームの2人だったのをディレクターから聞いてびっくりというか納得しました(お互い局から本選が決まるまでは秘密にするよう徹底されていましたので知らなかった)まさか仮装大賞に目をつけるポールダンサーが他にいるとは思ってませんでした。

 

結局2チーム共本番出演が決まり、ポールの路線もまるっきり違うものを作ることになり
私たちはポールを使ったファンタジー、芸術的要素の強い作品
ダブルスチームはポールダンスのトリックでいろんなものを表現する、コミカルでスポーツ要素が強い作品。

 

制作段階:ポールを2本使う事、朝顔を体で表現する事、体でツルを表現させる事。2本の動きを連動させる事。

などなどが要求されました(ディレクターさんから)

仮装大賞って素人のアイディアだけでやってるんちゃうんやーーーってはじめて知りましが

諸々各チームともに本番までの1ヶ月アイディア出しや相談などで色々やりとりをしていました。2時間のテレビ番組のうちの各チームたった1分の演技なのに、すごい力の入りようで、テレビ局ってすごいなあと。




そして当日

2日間にわたってお台場のスタジオでリハーサル、本番とされましたが
さすが大手のテレビ局。

お弁当は毎食豪華でした(笑)

リハーサル、本番と30組の作品を舞台裏で見させていただいて

プロのディレクターがついてると言っても元のアイディアや作品のセットを作るのは本人たち。舞台美術のプロが作ってるのと遜色ないすごい作品もたくさんあって裏側がめちゃくちゃ面白かったです。

さて、ポールダンスの話に戻りますが。

私たちのチーム1番「朝顔」・満点

keiko&Makiペア28番「ポールダンスでいろいろ」満点・努力賞獲得

ポールダンスチームは2作品とも満点でした!

全くタイプの違う作品をポールダンスで表現できて一般の方に披露できた素晴らしい機会だったと思います。

本番を終えて

今後、ポールダンスがアートだったりスポーツだったりさらにはまたいろんな表現方法で広まっていくことを期待していきましょう♪

他ブログでも書きましたが、放映されなかったけど徳光さんが私たちの作品めっちゃ褒めてくれてたんですよ〜〜嬉しかったです☆

記事内が少し読みにくいので、諸々見出しなどカスタマイズして読みやすくしていきます。今後ともよろしくお願いいたします♪



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket